LOG IN

こんな夢を見た vol.3| 見坂卓郎

by ツカノマレーベル

第3回 short short story「こんな夢を見た。」受賞作品より

▪ 募集期間 2020/4/3 〜 5/3

▪ 応募総数 695作品

▪ 最終選出作品 10編

その他の受賞作品はこちら

こんな夢を見た。

車の運転をしている。高速道路に乗ってしばらくしたとき、ハンドルがぽろっと取れた。

「うわぁあぁああ」

僕は動揺した。ハンドルが取れた車は、何事もなかったかのように進んでいる。

あれ? 僕は、ためしにハンドルを少しだけ回してみた。ちゃんと車は追従した。

「どうなってんだ、これ」

ふと横を見ると、ハンドルを持った男が走っていた。

「えっ、嘘?」車ではなく、自分の足で走っている。思わず二度見した。

バックミラーに目をやると、後ろにもハンドルだけを持った人たちが続いていた。車に乗っているのは僕だけだ。

僕は車のドアを開けた。おそるおそる、一歩踏み出す。

ハンドルだけを持った僕は、先ほどと変わらぬスピードで走っていた。足がものすごい速さで回転している。

僕は、車になったんだろうか。

サービスエリアに着いた。喉が渇いていたので、ガソリンスタンドに寄ってみた。ノズルを口に入れて、レバーを押す。

最高にうまかった。

見坂卓郎

OTHER SNAPS